ジェイテクトSTINGS VS 堺ブレイザーズ

課題だったサーブレシーブを克服。サーブも走り、手堅い守備から幅のある攻撃を展開する

 重要な一戦である。先週の鹿児島大会で2連敗を喫した。勝点は0。手痛い敗戦だった。しかし、今日のジェイテクトSTINGSは見違えるような輝きを放っていた。課題だったサーブレシーブが安定していた。サーブも走っていた。決定率も高かった。何より、チーム全体に戦う意思がみなぎっていた。

 立ち上がりからジェイテクトSTINGSが主導権を握った。古田が高い打点から強烈なスパイクをたたき込んだ。カジースキがサイドライン際に狙い澄ましたサービスエースを決めた。高橋(和)は機動力を生かしてネット際で存在感を発揮。セッターの久保山が巧みなトスワークを見せると、廣瀬の速攻などで12−8とリードを広げた。
 この日、ミドルブロッカーの金丸が今季初スタメンを果たした。ブロックで堺ブレイザーズにプレッシャーをかけ、チームの守備を支えた。2回目のテクニカルタイムアウトを4点のリードで奪うと、その後も廣瀬、古田、カジースキのブロックで得点を重ねた。カジースキのサービスエースや久保山のスパイクなどで4連続得点。盤石の試合運びを見せたジェイテクトSTINGSが、25−18で第1セットを先取した。

 サーブレシーブにも不安を感じさせなかった。リベロの本間とともに要になった高橋(和)は「練習では監督自らサーブを打ってくれた。細かく修正できた」と手応え。センター線の攻撃も機能して、ジェイテクトSTINGSが第2セットも流れをつかんだ。序盤こそ6−8とリードを許したものの、ここで踏ん張ったのがエースのカジースキだ。粘り強くサイドアウトを切ると、サーブで攻めて金丸のダイレクトスパイクをお膳立て。自らのバックアタックで、12−11と逆転の3連続得点を演出した。
 古田も高いパフォーマンスを発揮した。19−18の場面では、ノータッチエースを決めた。バックアタックも冴えていた。高さとパワーを兼ね備えたスパイクで、ジェイテクトSTINGSの攻撃陣をけん引した。
 さらに23−21の場面では、これまで故障で戦列から離れていた松原が、ピンチサーバーとしてコートに立った。チームのムードは最高潮に達した。最後は古田が決めて、ジェイテクトSTINGSが2セットを連取した。

 ジェイテクトSTINGSの集中力は途切れない。第3セットも立ち上がりから走った。カジースキ、古田、廣瀬のスパイクで3点を先取した。1点を返されたが、再び3連続得点。8−3と大きくリードして1回目のテクニカルタイムアウトを迎える。中盤は廣瀬が躍動した。パワフルな速攻でサイドアウトを切ると、13−9の場面ではフローターサーブがコートの奥にポトリ。相手の守備を翻弄した。
 一時は4連続失点で20−17と3点差に迫られたが、タイムアウトで嫌な流れを断ち切った。古田がライトから強打をたたき込むと、高橋(和)のスパイクでブレイクポイント。着実に得点を重ねたジェイテクトSTINGSが25−19でリードを守り切り、ストレート勝ちを決めた。

 先週の敗戦を払拭する快勝だった。1週間でチームはよみがえった。「正直、負けられないプレッシャーはあった」と話すのは高橋(和)だ。それでも、しっかりと課題を修正し、「全員が変に気負わずにプレーできた」と試合を振り返った。開幕戦以来となる勝点3を獲得し、チームの表情も明るい。この勢いを、明日のJT戦につなげたいところだ。

増成一志監督

先週の鹿児島大会で2連敗したこともあり、今日は難しい試合でした。勝たなければいけないという固さが出たら嫌だと思っていました。準備期間は3、4日しかありませんでしたが、まずは本間と高橋(和)を中心にサーブレシーブをしっかりやり続けました。今日の試合を見ても、少しは不安が取り除けたと思います。特に堺はブロックが武器の一つなので、BパスやCパスを返してしまうと、こちらの攻撃が高いブロックに捕まってしまう。A、Bパスを返してセンター線を絡めた攻撃ができたことが、今日の勝利につながったと思います。

金丸晃大

スタメンで出るのは今季初でしたが、先週に2連敗していることもあり、チームがいいムードでプレーできるように精一杯やりました。その結果、勝つことができたのでよかったと思います。もちろん、これまでの3試合も若手が出ていたので安心して見ていました。でも、人間がやっていることなので、調子がいい時もあれば悪い時もある。悪い時は、僕がいつでも出られるように準備をしています。若手が出てもチームの力が代わらないように、僕が出た時はそれ以上になるように心がけています。

古田史郎

先週に2連敗して、すごく危機感がありました。その中で、自分たちがいいリズムでプレーしている時は、その要因は何だろうと考えながらプレーしてきました。まだ答えは出ていませんが、それが今日はいい形で出続けたと思います。個人的には、ここまでの3試合、自分の中で思い切り跳んで思い切り打つというプレーをしていませんでした。でも、今日はけっこう最初から思い切り飛ばしていって、それがたまたまいい形で回ったように思います。常に今日くらいのギアでプレーできるよう、早い段階で確立できるように頑張ります。

スポーツライター 岩本勝暁のココ!

ベテランの金丸が今季初スタメン。選手間の切磋琢磨でチーム力はアップする

今季初のスタメンを告げられたのは、試合当日の朝だったという。ミドルブロッカーの金丸だ。サイドから破壊力のある攻撃を展開する堺に対して、ブロックでプレッシャーをかけ続けた。「相手に嫌な印象を与えたと思う。状況に応じたブロックの跳び方だったり、相手と駆け引きもできる。ベンチの意思がアイコンタクトで伝わることも大きい」と増成監督の評価も高い。スパイクで71.4パーセントの決定率を残し、ブロックでも2点を奪った。勝利の立役者の一人と言えるだろう。しかし、ここで奮起してほしいのが、過去3試合でスタメンを張った福山だ。「若手とベテランを競わせるのが私の指導法。若手とベテランをしっかりマッチングさせて、勝つ試合をつくっていきたい」と増成監督。選手間での切磋琢磨があって、はじめてチームは一枚岩になっていく。

【スポーツライター 岩本勝暁】

1972年生まれ。大阪府出身。2002年にフリーランスのスポーツライターとなり、主にバレーボール、ビーチバレーボール、サッカー、競泳、セパタクローなどを取材。2004年アテネ五輪から2012年ロンドン五輪まで3大会連続で現地取材するなど、オリンピック競技を中心に取材活動を続けている。

詳細
対戦カード ジェイテクトSTINGS VS 堺ブレイザーズ
第1セット 25 - 18
第2セット 25 ー 23
第3セット 25 - 19
第4セット
第5セット
日付 2016年11月12日(土)
試合 V・プレミアリーグ 第4戦
場所 福井市体育館
メンバー カジースキ、金丸、古田、高橋(和)、久保山、廣瀬 L本間
Photo